薬ポーチにさようなら

薬ポーチにさようならしました、という会員様の体験談です。
先日、クラスが終わってから、修練を始めて今までで一番大きな変化は何ですか?とお聞きしてみたところ、
このお返事が返ってきました。

以下は、その方のお話です。

「以前は、お守りの薬ポーチに、鎮痛剤、胃腸薬、抗生物質、目薬など入れて持ち歩き、ないと不安でした。
40代頃から何かあったらお医者さんに行くのが当たり前でした。
でもしょっちゅうなっていた緊張性頭痛は首や肩をほぐしたら治ることがわかったし、
胃腸は内臓の声が聞こえるようになったので、ご飯をよく噛んでゆっくり食べよう、とか
調節するとリセットできるようになったし、
歯茎や耳下腺がすぐ腫れたり痛くなっていたのも肩こりのせいだというのがわかったので、
自分で解決できるようになりました。
いつの間にか、カバンを変えた時に必ず入れ替えていた薬ポーチを、「これはもういいや」と入れなくなりました。
今の自分は、穏やかな海のような、多少の波はあるけど
トレーニングをして体にたまっている疲労物質を抜けば大丈夫、これが気持ちいい感じです。

自分は体が弱いと思っていたし、子どもの頃から医者通いをしていたので、親も体が弱いという目で自分を見ていました。
元気だけど免疫力が維持できない、病気にかかりやすい感じだったんですけど、
そんなに強いわけでもないけど、今は体の変化に気づきやすくなったので、対処が早くなった感じで、
病気になる前に持ち直せます。
ちょっと喉がひりひりするかも、と思ったらすぐに塩水で鼻うがいしたりはちみつをなめたりして、
薬に頼らずに自然の知恵で何とかしようと思うようになりました。
その方が自分で自分をちゃんとケアしている感じがして、心地いいです。
なんでこうなったのか、それならこうすればいいという自然の摂理がわかるようになったから、落ち着いていられます。
(トレーニング歴2年10か月 57歳 女性)」

お話をおききして、すごくうれしくなりました!
体の声を聞いて、体と繋がって、自然な形でバランスをとれるようになられたんですね。

イルチブレインヨガの創始者イスンホン先生も、
「人間が健康でいることは本来当然のことで、なにかとても大変な努力を必要することではない。
そのように思わせられているだけだ。」と著書に書かれていました。
自分の中の本来のバランスを取り戻すだけでいいんですね。

Love yourself, Heal yourself.
自分に関心を持ち、大切にして、自分で癒していきましょう。

★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=

イルチブレインヨガのトレーニングは自己ヒーリング力を引き出します。
体験も随時受付中です。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。

イルチブレインヨガ宝塚スタジオ
◆TEL 0797-86-0191(火~日 10時~22時)

◆ホームページ

体験のご予約

◆LINE公式アカウント(友達になっていただくと体験費100円引き) 
友だち追加

★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう